スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

院内処方の悪い点

JUGEMテーマ:

 

先日ある患者さんのお薬手帳を見て驚きました。

 

院内処方で

ニトロペン 1錠 朝食後 30日分

!!

なんだこれは?

患者さんと話をすると、胸部痛があるときに使うように言われているとのこと。

舌下錠であることもわかっていたようですが・・・。

 

ありえないでしょ!

 

こんな処方箋をきる医師も問題だし、さらに、院内の薬局は寝ているのか?

 

おそらく、処方の「変」を理解していても処方医に対して何も言えなかったのでしょうと想像します。

 

これ、院外処方だったら確実に査定されます。

 

院内処方ではされません。

 

そのあたりも問題。

 

厚労省も院内処方の内容まで、院外処方と同じレベルで監査してほしいです。

病院薬剤師は、そのあたりの実情を知らない人が多い。

処方内容も医師の思うがままになりやすい環境がある。

 

もし、患者さんが間違えて毎日ニトロペンを内服していたらどうするのか?誰が責任取るの?

 

院内処方でありがちの変な処方があったので、書いてみました。

スポンサーサイト

コメント